扶養内勤務について

【税金(所得税)】
年間収入が 103万円を超えると所得税を支払う義務が生じます。年間収入103万円以下とは月の収入が8万8,000円位までが目安となります。

例) 時給1,400円 平日週3日 10:00~16:00(休憩1時間・実働5時間)で勤務
・時給1,400円×5時間×3日×4週=8万4,000円

【社会保険(健康保険・厚生年金)】
年間収入が130万円未満の場合は「被扶養者」と認定され、ご家族の社会保険に加入することができます。しかし、年間収入130万以上の場合は「被扶養者」の枠から外れてしまうため、ご自身で社会保険料を負担することになります。年間130万円未満とは月の収入が10万8000円位までが目安となります。

例) 時給1,600円 平日週3日 10:00~16:00(休憩1時間・実働5時間)で勤務
・時給1,600円×5時間×3日×4週=9万6,000円

但し、「被扶養者枠」から外れるタイミングはご家族の勤める会社の所属する健康保険組合によって異なりますので、一度確認されることをお勧めします。