知っておきたい託児情報

各役所に問い合わせすると曜日保育や一時保育などが2000円台で利用が可能です。うまく利用しお仕事復帰されているママが沢山いますほんの一例ですがご参考に。

制度内容
1日当たりの受入れ人数は概ね12名程度で、緊急一時的に保育が困難になる児童については、14日を限度としてお預かりします。

対象者
保護者の週3日以内の就労・就学等で断続的に保育が困難となる世帯や保護者の病気・疾病等で緊急に保育が必要となる世帯の児童。一時保育事業は、通常保育の実施対象とならない児童を対象とした制度ですので、基本的には保育所等の施設に通われていない児童が対象となります。なお、夏休みで普段通われている施設が休園している場合など、普段は別施設に通う児童が一時的に保育が必要になった場合においてはこの限りではありませんので、実施園にご相談ください。

利用料金(1日あたり)
(1)就労等により継続的に利用する場合 ※被保護世帯・市民税非課税世帯は0円です。 全児童 2,300円
(2)緊急・一時的保育 ※被保護世帯0円・市民税非課税世帯は900円です。 給食を希望する場合は、実費相当分が必要となります。

申込方法
「利用申込書」に、自動の健康診断書(緊急一時的に預かる場合は不要)など必要な書類を添えて直接施設へ申し込んでください。 ※昼食、おやつ代、預かり金については、各施設へお問合わせください。

民間
アズママ(http://asmama.jp/): こちらは1時間ワンコイン500円で送迎・託児を顔見知りでできる子育てシェアをされている団体です。

こういう制度を使い子供が小さくても社会復帰をすることは充分可能です。うまく利用し社会復帰しませんか?