お役立ち情報

扶養内控除で働くための基礎知識

扶養控除内で働きたい場合、年間何万円まで稼ぐのがお得なのか、働く主婦の悩みどころです。
 ここでは収入による税金負担額及び社会保険料について解説します。
 「家計の足しになるよう働いているのに損をしていた」とならないように、しっかりと知識を身に着けて自分にあった働きかたを見つけましょう!
    • 100万円を超えると個人住民税が発生します。
      *市町村により異なります。
    • 『年収103万円以下』 は所得税がかからず、配偶者も「配偶者控除」を受けることができるため、税金が安くなります。
      *この場合の収入は給与総支給額で交通費は非課税対象なので含まれません。

    年収103万円未満を月収に換算=88,000円/月

    • 『年収103万円を超え141万円未満』 の場合、配偶者は「配偶者特別控除」を受けることができます。「配偶者特別控除」は、収入が増えるにつれ、控除額が段階的に減っていき、141万円で0円になります。
    • 年間収入見込額が130万円未満の場合、配偶者など、家族の社会保険の被扶養者になることができ、自分で社会保険料を納める必要はありません。(ただし、配偶者の所属する健康保険組合によって要件が変わってきますので確認が必要です。)
      *この場合の収入とは、給与収入の総支給額(交通費含む)及び失業給付金や年金収入などすべての収入合計になります。

    年収130万円未満を月収に換算=108,000円/月

    妻の社会保険料参考例:

    妻の年収 100万円/年 130万円/年 141万円/年
    妻の社会保険料(厚生年金含) 0円/月 16,000円/月 17,000円/月

    ※それぞれの保険組合によって金額は異なります

  • 実際に扶養内勤務で働く場合の時給と勤務日数と勤務時間についてまとめてみました。

    時短勤務での年収参考例:

    勤務日数/週 勤務日数/月 勤務時間/日 実働時間 時給 月収 年収
    3日 12日 10時‐16時 5時間 1,400円 84,000円 1,008,000円
    4日 16日 10時‐16時 5時間 1,300円 104,000円 1,248,000円
    5日 20日 10時‐17時 6時間 1,500円 180,000円 2,160,000円

    *税金・保険料・交通費等は計算には含まれません。

知っておきたい託児情報

知っておきたい託児情報をご紹介します。
家族のライフタイルに合う託児方法を決めましょう。
  • 保育園は仕事が決まってからでないと預けられない、というのがママの社会復帰の最大のネックです。でも各市町村の保育園には「一時保育」という枠があります。

    待機児童では入るのが難しい保育園ですが、週3日以内・時短勤務で働きたい方は一時保育であれば空きがあることがあります。

    インブルームで働くママさんたちは、週3日10時〜16時までの扶養内勤務が中心なので、このサービスを利用している人が多いです。
    利用料金は2,000円〜3,000円/日ほどです(給食、おやつ代金は別途)

    一時保育

    曜日を決めずに1ヶ月10日まで預けられます。
    *前月までに申し込み申請を行う

    定期利用保育 (曜日保育)

    曜日を固定して1ヶ月に14日まで申し込み可能です。
    *前月までに翌月利用曜日を指定して申請。

    ※預かり保育を行う日・保育時間・利用料金については各自治体によって異なりますので事前の確認が必要です。

  • 17 時までの延長保育が充実している幼稚園は、少しずつ増えている傾向にあります。将来的に社会復帰を考えているインブルームのママさんは、幼稚園を選ぶときに、この延長保育が夏季・冬季休暇中もやっているかどうか? をチェックしています。そしてお子さんが入園したタイミングで社会復帰し、17 時のお迎えに間に合う形で働いています。

    通常料金に加え、預かり保育料金が必要になり、預かり保育を行う日、保育時間、利用料金については各園によって違いがあるので、事前の確認は必須です。