お役立ち情報

扶養内控除で働くための基礎知識

扶養控除内で働きたい場合、年間何万円まで稼ぐのがお得なのか、働く主婦の悩みどころです。

ここでは収入による税金負担額及び社会保険料について解説します。

「家計の足しになるよう働いているのに損をしていた」とならないように、しっかりと知識を身に着けて自分にあった働きかたを見つけましょう!

【住民税】

  • 100万円を超えると個人住民税が発生します。
  • 市町村により異なります。

【所得税・配偶者控除】

  • 年収103万円以下』 は所得税がかからず、配偶者も「配偶者控除」を受けることができるため、税金が安くなります。
  • この場合の収入は給与総支給額で交通費は非課税対象なので含まれません。
年収103万円未満を月収に換算=88,000円/月
  • 年収103万円を超え141万円未満』 の場合、配偶者は「配偶者特別控除」を受けることができます。「配偶者特別控除」は、収入が増えるにつれ、控除額が段階的に減っていき、141万円で0円になります。

【社会保険の被扶養者資格】

  • 年間収入見込額が130万円未満の場合、配偶者など、家族の社会保険の被扶養者になることができ、自分で社会保険料を納める必要はありません。(ただし、配偶者の所属する健康保険組合によって要件が変わってきますので確認が必要です。)
  • この場合の収入とは、給与収入の総支給額(交通費含む)及び失業給付金や年金収入などすべての収入合計になります。
年収130万円未満を月収に換算=108,000円/月
妻の社会保険料参考例:
妻の年収100万円/年130万円/年141万円/年
妻の社会保険料(厚生年金含)0円/月16,000円/月17,000円/月

※それぞれの保険組合によって金額は異なります

【時短勤務での年収参考例】

実際に扶養内勤務で働く場合の時給と勤務日数と勤務時間についてまとめてみました。

時短勤務での年収参考例:
勤務日数/週勤務日数/月勤務時間/日実働時間時給月収年収
3日12日10時‐16時5時間1,400円84,000円1,008,000円
4日16日10時‐16時5時間1,300円104,000円1,248,000円
5日20日10時‐17時6時間1,500円180,000円2,160,000円

※税金・保険料・交通費等は計算には含まれません。